スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

むやみやたら電波発信中の和美です

お久しぶりです
久々に更新します
最近いろいろ考える機会が多くて
いろいろパンクしちゃいそうです

年末だからですかね?
今年を大きく振り返ってみたことは
ハイブリットロケットの開発の目指す先とかですかね

先日の関西交流会の忘年会で突っ込まれたことなんですが
自分なりにずっと考えていました

H-ⅡAロケットのような大型のロケットは宇宙に届き衛生放出などのミッションに挑戦していますが、それに比べ学生ロケットは現在高度1kmに達する小型ロケットの開発にまで成功しているが宇宙にはまだまだ遠いです。
そこで私たちは、大型のロケットにはできないミッションの穴を埋めるべく小型のモデルロケットやハイブリットロケットを開発するべきだと考えました。私たちの開発の利点は何か?大型のロケットにできず小型のロケットにしかできないことはないのか?H-ⅡAロケットでは打ち上げ場所は限られており、回数も1年に1機も打ち上がらない(まぁそんなそっちゅうあげられませんよね)。見学できる人は限られていき、日本の宇宙開発を肌に感じられる人は少ないでしょう。その一方、私たちの開発するハイブリッドロケットは、和歌山でも打ち上げを行うことができます。回数も年に何度も打ち上げが可能です。その身近感が小型ロケットの利点だと思います。そこで、私たちは宇宙開発を身近に感じられることを利用して宇宙は自分と無関係の学問ではないと知ってもらう活動を行ってみようと考えました。はやぶさの影響で多くの人が宇宙に興味を持っている今、身近で宇宙を感じることのできるイベントを開くことにより、今まで以上に宇宙への希望や認識を高めることが出来ると考えます。そして未来を担うこどもたちが宇宙に少しでも興味を抱いてくれたらなっておもいます。私も早く宇宙とか出会いたかったなぁ~まぁ今からでもできることに全力で頑張ってみます

ということからも
とりあえず3月末に和歌山在住の子供たちに向けて
まずイベントやっちゃいます

年忘れに向けて久々にあたまを使ってみた和美でした。
賛否あるでしょうがご意見はお手柔らかによろしくお願いします

Long企画書お疲れ様!!和美ちゃんの考えも分かったし、助かりましたv-221

子どもイベントに向けて頑張りましょう
非公開コメント

プロフィール

和歌山大学宇宙開発プロジェクト

Author:和歌山大学宇宙開発プロジェクト
和歌山大学で活動している学生団体「和歌山大学宇宙開発プロジェクト(WSP)」の活動日記です。
いろいろなメンバーがその日その日の出来事を不定期に更新していきます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。